事前に確認!!docomoを解約後にできないことを解説

docomoの端末を使っていて、これから格安スマホに切り替えようとしている人も多いはずです。

こうしたキャリアを解約すると、できなくなることがあるので、注意が必要となっています。

電話するビジネスウーマン04

継続年数がなくなるのが「デメリット」

docomoユーザーが解約するときのデメリットとしては継続年数がなくなるのが、大きな痛手となるかもしれないですね。

docomoでは契約年数で割引を行っている場合があるので、長いことdocomoユーザーである方は、また「docomo」に乗り換えし直しても割引サービスを受けられないでしょう。

ただし、割引面だけを気にするのであれば格安スマホだと毎月数千円安くできる場合もあるので、特に気にする必要もないかもしれませんね。

他にできなくなることは?

継続年数がなくなる以外にドコモを解約するデメリットとしては、キャリアメールが使えなくなります。このキャリアメール@docomo.ne.jpのメールアドレスで、解約するとこれを使えなくなってしまいます。

こうした「割引サービス」や「キャリアメール」の他に、docomoが提供しているコンテンツを使えなくなってしまいます。

そのため、解約する前にはドコモのコンテンツを利用しているか確認しておくといいですね。

mineo_aquos_serie

「格安スマホ」で対応できることもある

ドコモを解約した時のデメリットをまとめると、「継続年数」の割引サービスなどを受けられなくなるほか、キャリアメールが使えなくなります。

ただし、月額利用料金は格安スマホの方が安いですし、Gmailなどのフリーメールが主流になってきているので、そこまでデメリットと考えなくて大丈夫ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加