「データ通信のみ」と「音声SIM」、どちらがいいのか?

「データ通信のみ」と「音声SIM」、聞けば何となく意味は分かりますが、明確な違いは何なのでしょうか?答えは、音声通話機能があるのかないのかの違いになります。

ただ、どういった人が音声通話の「有り」か「無し」かを選べばいいか分からないと思うので、それについてご紹介していきます。

スマホを持つ女性

データ通信のみならとにかく安い!!

プランの中にはデータ通信のみのものがありますが、これの特徴はとにかく安いと言うことですね。

ただし、機能としては「データ通信だけ」、つまりインターネットしか使えないので、アプリなどを多用する必要があります。

特に音声SIMと比べて通話機能がないので、LINESkype050 plusなどを使って通話をする必要があります。

そのため、普段あまり通話をしない人や、アプリで代用できるのであればデータ通信のみのプランがオススメになっています。

月額料をプラスで「音声通話機能付」に!!

音声SIMというのは、データ通信のみのプランに「音声通話機能」が付いたもので、従来通りにスマホで電話をすることが出来るプランです。

このプランの特徴は、月額料金を700円程度加算することで携帯番号を手に入れられる点にあります。

そのため、スマホの携帯番号で個人情報の登録などをしている人や、普段から通話をすることが多い人は音声SIMを選択したほうがいいですよ。

もちろん、月額料金が700円程度上がっても、「3大キャリア」よりも安いので安心してください。

umobile_asend_mate7

「データ通信のみ」と「音声SIM」のまとめ

データ通信のみと「音声SIM」をまとめると、電話をしない人・アプリで代用できる人ならデータ通信のみがオススメです。

また、個人情報として携帯番号を使いたい人や、普段から通話が多い人なら音声SIMがオススメとなっています。

なので、自分がどっちのタイプか見極めてプランを選ぶといいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加